鍋でじっくり炊く 黒豆の煮豆
料理研究家 白井操さんレシピ
簡単で美味しい!黒豆料理

鍋でじっくり炊く 黒豆の煮豆

関連商品丹波黒大豆 近江黒豆

材料

黒豆
2カップ(約300g)
熱湯
6カップ
さびた釘
2~3本
A
砂糖(三温糖又は上白糖):2カップ
醤油:大さじ1
塩:小さじ1/2

レシピ

1
黒豆を洗い、ザルに上げて水きりする。
2
釘はきれいに洗って布袋に入れておく。
(釘は色をよくするために入れるものなので、なければ入れなくてよい。)
3
厚手の鍋に分量の熱湯とAを入れ、1と2を入れて蓋をして一晩おく。 
4
翌日3を鍋ごと火にかけ、沸騰した後、ほたる火(極弱火)にしてアクをすくい取る。
5
蓋を少し開けた状態で、ほたる火で6~7時間煮込む。
煮汁は常に豆が浸っているのが目安。もし減っていたらさし水をする。 
一粒取り出し柔らかくつぶれたら出来上がり。
6
火を止めて完全に冷まし、豆だけを取り出す。残った煮汁を半量になるまで中火で煮詰め、冷ます。再び冷めた豆と煮汁をあわせる。
7
2~3日煮汁に浸けておくと、より味が濃くなり、残っているシワものびる。
残り汁はソースとしてヨーグルトや葛きりにかけても美味しい。冷蔵保存し、早めに使うこと。

4

5

 

白井操のお豆大好き