簡単!煎り黒豆と切干し大根の和え物
料理研究家 白井操さんレシピ
簡単で美味しい!黒豆料理

華やか五色ちらし寿司

~色も形も歯ざわりも味わいも黒豆の魅力をお寿司に生かして。蒸し黒豆を使えば簡単です。~

関連商品蒸し黒豆(ドライパック)

材料:3~4人分

鯛(刺身用)
小1/4尾
昆布
適量
蒸し黒豆(ドライパック)
50g
*豆に薄い塩味がついています。
赤大根、紅芯大根など
適量
うすいえんどう
さやつき100g
卵焼き(甘めの少し濃い味に)
卵2個分
すし飯
米2合分
塩、酒
各適量
A
だし:50ml
しょうゆ:大さじ1
砂糖、酢:各大さじ1/2
塩:少々
B(甘酢)
だし昆布:小1枚
酢:大さじ3
砂糖:大さじ1
酒:小さじ2
塩:小さじ1/2
C
だし:100ml
薄口しょうゆ:小さじ1/2
塩:少々

レシピ

1
酒・塩各少々を混ぜ鯛の薄切りをくぐらせる。昆布に指先で酒を塗り、両面に切り身を並べラップで包み冷蔵庫で2~3時間置く。
2
蒸し黒豆は合わせたAに1時間以上浸け、汁気を切る。
3
赤大根は小さい角切りにして塩を軽くふり、しんなりしたらBの甘酢に浸け、色が鮮やかになれば汁気を切る。(甘酢は捨てない)
4
①の鯛の身に③の甘酢をからめてしばらく置き、酢漬けにする。
5
うすいえんどうはさやから実を出して塩ゆでし、Cにしばらく浸けてだし浸けにし、汁気を切る。
6
卵焼きは小さい角切りにする。
7
すし飯に鯛の酢漬けを一部刻んで加え、器に盛る。上に黒豆、うすいえんどう、赤大根、卵焼き、鯛を彩りよく盛り付ける。

2

3

5

白井先生のコメント

白井先生からのワンポイントアドバイス

少ない具材で仕上げるので、卵焼きは少し甘めの濃い味にしたり、ひとつひとつの具材に味をしっかりつけておきましょう。
蒸し黒豆ドライパックの代わりに、ゆで黒豆をだしで炊き煮物程度に薄く味をつけて散らしても。

 

白井操のお豆大好き