栗・里芋・手羽先の煮物
料理研究家 白井操さんレシピ
簡単で美味しい!黒豆料理

栗・里芋・手羽先の煮物

~旬の里芋と栗は相性ぴったり。手羽先のダシがおいしく取り持つ、深くて優しい秋の味わい。 ~

関連商品丹波栗 丹波の黒さや

(材料:4人分)

丹波栗(生)
大8個
鶏手羽先
8本
里芋
300g
枝豆(丹波の黒さや)
適量
昆布
8cm角
300ml
A
酒:大さじ2
砂糖、しょうゆ:各大さじ1
塩:ふたつまみ
サラダ油
少々

レシピ

1
栗は洗って熱湯に浸け、人肌ほどに冷まし、包丁が滑らないよう水気をふく。
外の皮は包丁の刃元の方で剥き取って渋皮も丁寧にむき、半分に切る。剥いたものから水に浸ける。
2
手羽先は関節のところで半分に切り、塩少々(分量外)をふる。
3
里芋はタワシで洗って半分に切り、蒸し器に入れやっと竹串が通る程度に蒸し、指先で皮をむき、残った固い部分を包丁で除く。
4
少し深みのあるフライパンにサラダ油を馴染ませて②の手羽先を並べ、両面きつね色に焼く。
5
分量の水、昆布、栗を入れて火にかけ、沸いてきたら里芋も加えて中火弱で2~3分煮る。
6
Aを加えて20分程じっくり煮て火を止め味を含ませる。
7
器に盛り、ゆでた枝豆の実を散らす。

5

6

白井先生のコメント

白井先生からのワンポイントアドバイス

手羽先の脂が気になるようなら、手羽先だけ先にさっとゆがいておくか、フライパンで焼いて余分な脂を落としてから使いましょう。里芋の皮は蒸してからむくと手がかゆくならずきれいにむけます。

 

白井操のお豆大好き