黒豆の五目豆
料理研究家 白井操さんレシピ
簡単で美味しい!豆料理

黒豆の五目豆

~黒豆は豆の中でも極上の味わい。普段の惣菜に取り入れてそのおいしさを実感して。~

関連商品 大玉丹波黒大豆

(材料:作りやすい分量)

黒豆(乾燥)
280g(2カップ)
7カップ
干ししいたけ(戻す)
3枚
板こんにゃく
1/2枚
人参
1/2本
鶏もも肉
100g
昆布
8cm角1枚
A
砂糖:大さじ2
酒:大さじ3
みりん:大さじ3
塩:小さじ1・1/2弱
しょうゆ:大さじ3

レシピ

1
黒豆はさっと洗い、水気を切って鍋に入れ、分量の水(豆の3~4倍量)を注いで一晩おく。
2
①の鍋を戻し汁ごと火にかけ、豆が静かにおどる位の火加減にしてアクをすくい取り、吹きこぼれないようにふたを少しずらしてじっくり煮る。
3
戻した干ししいたけは石づきを除き1cm角に切る。板こんにゃくは熱湯でさっとゆでて水けを切り、大き目のさいの目切りにする。
4
人参、鶏もも肉は1cm角に切り、鶏肉に塩・酒各少々で下味をつける。昆布はさっと水で濡らしてキッチンバサミで1cm角に切る。
5
豆をひとつ食べてみてやわらかくなっていれば、干ししいたけ、こんにゃく、人参、昆布、鶏肉を入れる。
6
煮汁が少なければ干ししいたけの戻し汁を1カップほど足して強火にし、煮立てば弱めの中火でアクをすくい取り、落とし蓋をして煮る。
7
人参がやわらかくなればAを砂糖から順に入れ、中火弱~弱火でさらに20~30分煮る。
8
煮汁の量が1/3くらいになれば火を止め、味を含ませる。

5

5

8

白井先生のコメント

白井先生からのワンポイントアドバイス

黒豆・大豆はゆでこぼし不要。豆の旨みがたっぷりの煮汁でそのままコトコト炊いて栄養もおいしさも丸ごとどうぞ。
古くなった豆は長めに水につけてじっくり煮ましょう。
吹きこぼしたり焦がしたりしないよう火加減には注意して。

 

白井操のお豆大好き