小田垣商店について

小田垣商店の歴史

享保十九年創業 丹波黒大豆老舗卸店の沿革

 

享保十九年
(1734年)
小田垣六左衛門が多喜郡笹山町金屋町(現在の兵庫県篠山市立町)にて鋳物師(金物商)として創業
明治元年
(1868年)
小田垣はとが金物商から当店の前身小田垣種苗店に転業
黒大豆種子の取り扱いと黒大豆の集荷販売開始
明治二十三年
(1890年)
内國奨業博覧会で優賞受賞
明治三十五年
(1902年)
小田垣利三郎(種苗店転業の小田垣はとから四代目)が22歳の若さで継承 米穀店併業後に食糧営団組合長に
昭和十年
(1935年)
黒豆の煮方チラシ作成配布
小田垣種苗店から小田垣商店に改名
昭和十三年
(1938年)
地方新聞に「豆は小田垣」と広告
昭和二十九年
(1954年)
登録商標「大玉丹波」申請
昭和三十四年
(1959年)
試験農場を取得して黒大豆系統比較栽培を始める
昭和四十五年
(1970年)
国の農政 米の減反政策始まる
ダイエーと取引開始
昭和四十六年
(1971年)
多紀郡(現在の篠山市)内の農家を集めて第一回黒豆つくり研究会開催
昭和四十七年
(1972年)
料理研究家土井勝氏監修の黒豆煮レシピ作成
昭和四十八年
(1973年)
丹波黒大豆の枝豆を各地取引先へ作柄報告とともに、世の中で初めて送付開始
昭和五十一年
(1976年)
作業棟新築で貯蔵保存用冷蔵庫新設
昭和五十三年
(1978年)
丹波黒豆の当店オリジナル規格「飛切」、「飛切極上」を作る
昭和五十四年
(1979年)
色彩選別機初導入
昭和五十七年
(1982年)
京都経済連(現在の全農京都府本部)と取引契約
昭和五十八年
(1983年)
兵庫経済連(現在の全農兵庫県本部)と取引契約
昭和五十九年
(1984年)
「丹波の黒さや」登録商標申請
丹波黒大豆の枝豆を「黒さや」として通信販売開始
昭和六十一年
(1986年)
「丹波の黒さや」登録商標取得
岡山経済連(現在の全農岡山県本部)、滋賀県経済連(現在の全農滋賀県本部)と取引契約
昭和六十二年
(1987年)
会社設立
平成二年
(1990年)
元神戸大学農学部教授石田薫先生を栽培技術顧問に迎え、黒大豆生産者用の栽培技術指導教本「豆だより」発刊
平成八年
(1996年)
あじま低温恒湿倉庫完成
平成九年
(1997年)
優良申告法人受敬
平成十一年
(1999年)
ホームページ開設
平成十六年
(2004年)
極小粒黒大豆「丹近黒」農林水産省品種登録
平成十九年
(2007年)
当店店舗や当家住宅など10件が国登録有形文化財に登録される
大阪投資育成会社参画
平成二十年
(2008年)
「近江黒」登録商標取得
平成二十一年
(2009年)

蒸し豆・ドライパック発売

 

平成二十三年
(2011年)

篠山あじま冷蔵倉庫に

太陽光発電設備を設置

 

平成二十五年
(2013年)

・ミラノ国際博覧会兵庫県出店実行委員会に選出
・兵庫県認定食品に認定(蒸し豆ドライパック丹波黒、黒豆きな粉、黒豆煎り豆)

平成二十六年
(2014年)
蒸し豆ドライパック丹波黒が丹波県民局「丹波すぐれもの大賞」受賞
平成二十七年
(2015年)
・ミラノ国際博覧会日本館イベント広場へ参加
・当店が構成文化財となる篠山市の文化・歴史が日本遺産に認定
・黒豆の夏ギフト発売
平成二十八年
(2016年)
・フランスSIAL(シアル)2016(パリ)へ参加
平成二十九年
(2017年)
・UAEドバイGulfood2017へ参加
・蒸し豆ドライパック丹波黒が「平成28年度五つ星ひょうご選定商品」

ページトップ