丹波篠山 小田垣商店の黒豆

丹波黒豆の成分と効能(黒豆のちから)

黒豆を美味しく食べて、健康な体づくりを。
特に黒豆の黒い皮に含まれる「アントシアニン」には注目です。

監修:大手前大学 健康栄養学部 白石斉聖博士

納豆、豆乳、豆腐、おからなどに代表される、栄養素が豊富な注目の大豆食品。

黒豆はこの大豆が持つ栄養素に加え、黒い色素の皮には「アントシアニン」というポリフェノールの一種である、健康につながる成分が含まれています。

つまり【大豆の栄養素+アントシアニン】の効果が期待されるわけです。

丹波黒大豆(乾燥)100gに含まれる栄養素(当社調べ)

エネルギー 353kcal
脂質 17.5g
大豆レシチン 1.32g
大豆サポニン 0.25g
鉄分 8.49mg
煮豆にさびた釘を入れると、
さらに鉄分は増加します。
カルシウム 107mg
大豆たんぱく質 34.2g
食物繊維総量 16g
大豆イソフラボン 171mg
ビタミンB群 B1:0.78mg
B2:0.27mg
カリウム 1860mg
アントシアニン 62.05mg

※の数値は神戸大学大学院農学研究科 生物機能開発化学教育研究分野のご協力により分析

健康な体づくり

健康な体づくりに欠かせない、三大栄養素の一つであるたんぱく質。私たちの体(筋肉や血液、爪など)をつくる主成分です。黒豆に含まれるたんぱく質は、必須アミノ酸(体内で合成できないアミノ酸)をすべてバランスよく含む、良質のたんぱく質で「畑の肉」とも呼ばれています。動物性ではない、低カロリー・高たんぱく質の食品なので、食べられた方の健康な体づくりに貢献します。

生活習慣病の予防

黒豆特有のアントシアニンには、活性酸素を抑える抗酸化作用があり、生活習慣病と深い関係のある内臓脂肪の生成を抑制し、がんや糖尿病・肥満の予防につながります。さらにカリウムは余分なナトリウムを排出させ、高血圧の防止に期待できます。

動脈硬化の予防

アントシアニンの抗酸化作用は、コレステロールの酸化を抑え減少させ動脈硬化を予防します。また、脂質に含まれる不飽和脂肪酸である大豆サポニン・大豆イソフラボンも血中のコレステロールを調整、低下させ血液をサラサラにしてくれます。

骨粗しょう症の予防

骨にカルシウムを蓄える力は、年齢とともに衰え骨密度が低下します。黒豆のイソフラボンはポリフェノールの一種で、女性ホルモンに似た働きがあり、骨のカルシウムが溶け出すのを抑制します。カルシウムも黒豆には多く含まれているので、骨への相乗効果が期待できます。そしてイソフラボンの働きは、乳がん・更年期障害・不眠・肩こりの予防にもつながります。

貧血の改善

貧血を招く原因は鉄分の不足と言われています。黒豆の良質なたんぱく質と一緒に摂取することで、赤血球の合成を促進し、鉄欠乏性の貧血の改善が期待されます。また黒豆を煮るときに、さびた釘を使うことで、釘の鉄分が溶け出して、さらに鉄分が含まれた料理になります。

便秘の改善

一般的には腸の働きが低下することで、便秘は起こります。男性の方よりも女性の方に多く症状が見られ、高齢になるほど増加すると言われています。黒豆には便通を改善するセルロースやヘミセルロースのような食物繊維や、食物繊維の一種であるオリゴ糖も含まれています。大豆オリゴ糖は直接に腸まで届き、大腸の善玉菌を増やして腸の働きを活性化。お腹の調子を整え便秘を解消する働きがあります。

内臓・脳・神経機能の改善

内臓や筋肉を構成する成分のたんぱく質。黒豆は農作物の中でも、豊富にたんぱく質が含まれています。ビタミンB群はエネルギー生産を助ける栄養素。そしてレシチンは細胞膜を形成するために必要な成分で、大豆に多く含まれるレシチンは細胞を正常に保つのを助ける若返りの栄養素とも呼ばれています。

美肌への効果

みずみずしい肌をつくると言われるコラーゲン。このコラーゲンの元となるのがたんぱく質です。黒豆のイソフラボンは、そのコラーゲンの生成を助ける働きがあります。またアントシアニンや、黒豆を煮たときに出てくる泡の成分のサポニンには強い抗酸化作用があり、肌の老化を抑えます。

ページトップ